アサノ

とにかく、大事なことは「セシウムは付着した場所から移動しない」のだと言う。木の葉、木の幹、及び表土から殆ど移動しない。3年経った今でも、表土から2−3cm、それ以上深くまでは沈降しない。だから、雨水によってセシウムが地下深く浸透して地下水に影響を与えることもない。逆に言えば、何万年もセシウムは表土にずっと残り続けることになる。

そして、さらに今回分かった、驚異的な事実は、殆どの植物が土壌から、一切のセシウムを吸収しないことであった。このことに気がついた中西先生の実験室では、さらに興味深いことがわかった。植物は放射能に汚染された土壌から一切セシウムを吸収しないのに、放射能に汚染された水だけで栽培するとセシウムをたっぷり吸収するという事実である。つまり、セシウムは土壌と強く結びつく性質を持っていて、この土壌からは植物の内部に全く入っていかないのだ。

このことが、農地の土壌に対しては、完全な除染が進んではいないにも関わらず、そこで、新たに栽培された農作物は全く放射能が検出されない安全なものが生産出来るという理由である。中西先生によれば、地球は、誕生直後から強い放射線に覆われており、その中で、生物は進化を続けてきたので、もともと放射能に対して強い耐性を持っていると言うのである。

中でも一番驚くのは、乳牛に関する放射能汚染調査で、原発事故直後に深刻な放射能汚染を受けた飼料を食べた乳牛から絞られた牛乳も深刻な放射能汚染を受けていたわけだが、その後、汚染されていない飼料を与えたところ、20日後には、原発事故以前の状態と同じ、全く汚染されていない牛乳が得られたという。つまり、植物は土壌から放射性物質を吸収しないし、動物は一度取り込んだ放射性物質を排出し、体内に残さないという優れた放射能耐性能力を持っていることが判明したのだという。中西先生は、ここで悲しそうな顔をして語られた。「だから放射能汚染地域に居た乳牛達を殺す必要はなかったのです。彼らは、汚染されていない飼料さえ与えれば、また、再び全く問題ない牛乳を生産することが出来たのです」。

●「それは掃除スタッフの仕事でしょ」と言って、一切の掃除を拒否するタイプが多い。

↑自分もそういう子供だった。マクドナルドかウェンディか忘れたけど、ファストフードの店でケチャップに小さな穴を開けて強く押すと、隣のテーブルまで飛ばせることに気づき、兄弟で母親に気づかれないようにして遊んでいた。それを知った母親が怒ってナプキンを持ってきてきれいにするように僕らに言った。それに対して僕は「なんで?これはメキシコ人の仕事だろ」と言った。すると母親は店長に話をして、僕ら兄弟に店の床をすべて掃除させる手配してきた。当時の僕らにとって、それはすごく長い時間がかかった。床をはいて、テーブルを吹いて、モップがけもした。座席も窓もだ。トイレも掃除するように母に言われたが、店長がしなくていいと言ってくれた。
そこで学んだレッスンは3つだ。
「掃除スタッフにひどい対応をしない」「差別主義者にならない」「正しいモップのかけ方」

うちの親父が、バリバリ現役で商売してた時に言ってた「1フロアに壁掛け時計が2つ以上ある会社は潰れる」「玄関で靴を脱がしてスリッパに履き替える事務所は潰れる」「届いた荷物のダンボール出しっぱなしの会社は潰れる」って話の的中率の高さに、最近、驚いている。この指標、マジで当たる。

NHK解説主幹、長谷川浩氏
9.11事件の1ヶ月後に
NHK内で変死
2001年10月17日の朝日新聞夕刊にNHKの解説委員主幹である長谷川浩氏(55歳)の変死を報じる小さな記事が掲載される。
同氏はNHK放送センタービルの近くで発見されたもようで、自室の窓から転落したと見られている。同氏は国際テロについての専門家で、
同年10月10日に放映された9.11同時多発テロをテーマにしたNHK特別番組「あすを読む:新しい戦争と世界」で自説を述べていた。
その中で同氏は世界貿易センタービルの攻撃の犠牲者の中にユダヤ人が一人もいないという事実を指摘していた。
長谷川浩解説主幹は同番組の中で、世界貿易センタービルに勤務するユダヤ系の職員のほとんどが、9.11のまさにその朝に奇妙にも欠勤していたと語った。


あっ!

140:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/11/08(火) 00:03:22.67 ID:Oeuk5KjQ0
営業っつっても、超大手に数年足運んでついに仕事取ってきたとか
達成感があったりもするが、ストレスも多くて俺には向いてないw
残業が多かろうが、ただ機械動かしてる現場の人間になりたい・・・
社内の始末書なんて楽なもんだし、

客 「だから何で不良品出るんだよ!!!」
俺 「申し訳ございません!!!」
客 「この前気をつけるって言ったよな!?」
俺 「はい。しかし100%防ぐことはどうしても難しく・・・」
客 「じゃあ出るのかよ!?」
俺 「出るか、出ないかで言えば、出る可能性がございます」
客 「何で出るんだよ!!!!」
俺 「機械的にどうしても難しい部分が・・・」
客 「じゃあ、その難しい部分を何とかしろよ!!!!!」
俺 「技術的に難しく・・・・」
客 「じゃあお前の所じゃ不良品でるのかよ!!!!」

こんなん1時間とかやらないで済むし・・・
お薬飲んでそろそろ寝るわwww

142:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/08(火) 00:04:47.54 ID:jexnvxMs0

»140
ろくでもない製品を売ってるお前の会社と、
そんなものを押しつけている営業のお前が悪い

148:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/11/08(火) 00:08:38.60 ID:5TJ2Ea1BP
»142
不良品が出ない機械なんて無いぞ。検品こそが機械の要。
確かに出荷時ベースで99.9999999%不良品排除することはできるけど、
むちゃくちゃカネがかかる。ロス率あげていいなら安くできるけど

154:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/11/08(火) 00:10:54.05 ID:Oeuk5KjQ0
»142
»140
のやりとり、1枚5円以下のビニール袋10万枚納品した内3枚ほどに
袋正面の右下ボールペンの先で突っついた位の小さい点 . ←マジでこれ位の大きさ
こんな感じのインク汚れが付いてたんだよ
こんなの出すなって言うなら、検品の人数増やすしか無いだろうが
人一人で1時間に100枚チェックできないぞ?こんな検品してたら
時給800円の人間がチェックしたら1枚8円だぞ?売価5円の袋に対して
13円で買ってくれるなら検品するが

最近こんな感じのマジキチクレーム多いんだよ
ノットカスっつて、木のパルプのカスが紙に入ってる事があるんだが
紙の中に糸くずが入ってる!!!! とか平気で言ってくる
過剰品質要求しすぎなんだよ・・・

と言う事で今度こそ消える

先ほど「谷中銀座は撮影禁止でしょうか?」というメールをいただきました。「ネットですごいことになってます」ともいただきました。どうしてかと思いましたらあの立看板の書き方が悪かったんだと思いここに訂正をさせてもらいます。
このような事態になり、お客様に大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。
商店街としましてもこのような看板を出すこと自体本位ではありませんが至った経緯をここで説明させて頂きます。

近年多くの観光客が商店街を訪れてくださいます。それに伴い店舗でのトラブルも多くなりました。
私ごとになりますが先日店の中まで入り5~6人の方がバシャバシャと写真を撮られておりました。「声かけてから撮って下さい」と言いますと「こっち見ないで」と言われ少なからず恐怖も感じました。他店では店の人が写ってる写真を持参され「これ、コンテストに出したから」と言われたそうです。
同様なことが多く起こっている以上商店街としましても対策をとらなくてはならないと思いこのような判断に至りました。

先日も、ある進学校の高校一年生と艦コレの話をした。「何が面白いんだ?」と聞いたら、「性質の違う艦船を工夫して闘うところ」という。

「どの艦船が好きなんだ?」と聞いたら、「なんとかかんとか」と言って、その艦船の属性を、延々と説明してくれたのだけど、当然わからない。それで、「艦コレの課金システムについてどう思う?」と聞くと、「基本的に、課金が発生しなくても遊べるようになっているところがいい」と言う。

「じゃあ、君が運営側だとして、どうやって儲けるんだい?」と聞くと、「艦コレは、アプリ自体では儲けないで、艦コレの世界観をまずは広めて、そこからグッズなどの関連商品で儲けようとしているんだと思う」と答えた。「じゃあ、アプリの課金は全然ないのか?」と聞くと、「いや、ある」と言う。

「艦船を修理する時、デフォルトは2つのスロット? しかないんだけど、お金を払うと、4つのスロット?を使えるようになる」(彼の使用言語が専門的過ぎて、正確に再現できているかどうかわからない)とか、説明してくれた。高校一年生にして、システムやビジネスモデルをよく把握している。

「ところで、学校の勉強はどうなんだ?」と聞くと、「もうちょっとがんばらなくちゃいけない」と言う。「数学や英語は得意なんだけど、歴史の暗記物が苦手」だと言う。それで、ぼくは、「そうか」と言って、暗記物の対処法を少し彼に伝授したのだけれども、ううむと考え込んでしまった。

「艦コレ」にせよ、何にせよ、何かに興味を持ったら、それを手がかりに、その周辺の歴史や、物語、プログラミング、システム構築、ビジネスモデルについて学ぶというのは立派な「プロジェクト型学習」だと思う。そこから、未来のビルゲイツやスティーヴジョブズが出てくる可能性は大いにある。

ところが、学校のカリキュラム型学習がそれと相容れない。特に、大学入試という現実が、プロジェクト型学習の妨げになる。一つの方向にとんがった学生を大学側が入学させるだけのノウハウと処理能力があればいいが、すぐには難しそうだ。「艦コレ」に凝った彼は、学校の暗記学習との狭間にいる。

和紙を漉くときに使うすのこがあって、それを作るための鉋(カンナ)があるらしいのです。 で、この鉋が今ぜんぜん流通していないと。 そこで永さんが捜し歩いたそうなんですね。でも全国探してどこにもない。

そんなある時、京都の錦小路にある刃物屋さんにふらっと入って 「紙漉きに使う刃物はありませんか」 と聞いたそうなんです。 するとお店の人が「裏へ回ってください」って。 そこで促されるままに行ってみたら、なんと何年も探していた鉋が、荒縄で縛って何十枚って置いてあるんです。

昔これを持っていた職人が「いつか誰かが探しに来るから、そのときに分けてやって。つくれるのはもう俺しかいないから」って言って、置いていったって。「何十年もそのままにしておいて、そしてあなたがきょう探しに来た」って。

今日本で和紙が漉けているのは、その職人のおかげなの

鳥肌立ちましたねえ。なんてカッコよい職人さんで、なんてカッコよい話なんだろうって。